20170728

相も変わらず、シネマヴェーラオーソン・ウェルズ『上海から来た女』(1947)、

めちゃくちゃ面白かった。かなり複雑な脚本で人間関係も入り組んでいたはずだが見終わると何も思い出せない。

 

 

アダムレオン『浮草たち』(2017)

filmarksやtwitterで最近話題になっていたので。

ㇵッとするシークエンスはあれどもどれも地味。そこそこいい感じに仕立て上げてるけどなにもかもどこかで見たような…はじめからそこそこの佳作を目指して製作されてる試みもお行儀が良すぎる。真夜中の遊園地、ふたりだけのプール、「ねぇこのまま二人でどこかにいっちゃおうよ」…これだけオイシイものが並んでるのに「そこそこ」で終われる才能もすごい。リンクレイター作品における会話の偉大さを知る。

 

 

西尾維新展@松屋銀座

f:id:exust:20170730234123j:plain

 

松屋銀座はいつぞやのエヴァ展以来。ハイソな雰囲気の中、普段はお中元売ってるようなお局様方がチケットもぎってる。

西尾維新なだけあっていかにもな眼鏡女子と非正規雇用系オタク多し。いずれも年齢が高い(みんな「ダブルダウン勘繰郎」とか「ニンギョウがニンギョウ」とかから読んでるのかしら)

展示にしては文字量の多さにチビる(入口からかなりつまっていた)。プロジェクションマッピングやら西尾維新の机を再現した展示やら読み物ばかりでもなく視覚的に楽しめる感じになってた。ウエダハジメ展の頃から化物語関連の趣向の凝らし方はちょっと他の原画展(しかも最近は原画すらなくただのポスターを並べただけのようなものが多い)と比較すると抜きんでてる。

世界各地のディズニーランド行くのが趣味とかいう短文をいきなり入口で読ませてワナビを全員殺しにかかってたり、一日十時間睡眠なのをわざわざ円グラフで見せてくれたり気合が入る展であった。

入場料1000円、音声ガイド700円、パンフ2400円…みんなお金あるんだなぁ…